歯科医院へ行く前にすべきこと

ご自身の体調や持病の投薬も確認しておくべき

既往症や治療歴の確認

初めて歯科医院に受診するという場合、病院に行く側だけでなく迎え入れる歯科医院側も知りたい情報があるものです。
歯科医院の方もあなた自身のことを初診で初めて知るわけですから、今後の治療にどんな影響を与える環境にあるのかは知っておきたいところです。
本人にとって大した病気ではないと思うものでも、その病歴や既往症が歯の治療や治療の際に処方される薬が何らかの影響を与えることがあります。
そのため歯科医師は治療の前に必ずカウンセリングを行います。
カウンセリングではお口の状態はもちろんですが、その患者さんのこれまでの既往症や治療歴なども確認するのです。
全ては満足のいく歯の治療のために行います。
そのためカウンセリングで速やかに回答できるよう、ご自身の病歴や現在の状態を確認しておきましょう。

服用している常備薬もチェックしよう

病歴や治療の状況等を確認しておくことと併せて、現在服用している常備薬についても確認しましょう。
例えばカウンセリングの際に、血圧が高めなので高血圧の薬を飲んでいると答えたとします。
血圧の薬といっても、様々なものがあります。
血圧を降下させるための薬には複数のものがあり、胸の圧迫感を押さえるものや単に血圧を降下させることを目的にしたもの等、効果も様々です。
加えて高血圧の薬に併せて糖質異常や高尿酸血症の治療薬を一緒に服用しているなど、単に高血圧といってもそこで処方される薬には、その人それぞれの状態に合わせて複数の薬があります。
つまりカウンセリングの際には、単に高血圧の薬等ではなく、具体的に薬の名称が答えられるように準備をしておくことが大切です。
おくすり手帳や処方箋を持参する等、答えやすいようにしておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る